ハイセンスなカタログギフトと内祝いをお届けします。 | CONCENT コンセント

新規会員登録(無料) | ログインはこちら
カートを見る マイページ
5%還元
お気に入りブックマークに追加
お気軽にお問い合わせ下さい
  • 母の日特集
  • カタログギフト
  • 内祝い・お返し
  • タオルギフト
  • グルメ・ギフト
  • スイーツ&飲料
  • ワインギフト
  • コスメ&アロマ
  • テーブルウェア
  • キッチン用品・雑貨
  • フラワーギフト
贈り物用途の一覧 ブランドの一覧 新商品のご紹介
  • 香典返し・ご法要
  • 結婚式の引出物
  • 一覧
  • キャッシュレスポイント還元のお知らせ
  • 消費税率変更のお知らせ
  • お客様登録でクーポンプレゼント CONCENT500円クーポン CONCENTお客様ページ
  • CONCENTお客様ページ
  • 送料無料のお知らせ
  • 広告代理店、企業SP利用の方
  • ANAマイルが貯まる
  • JALマイルが貯まる
  • Tポイントが貯まる・使える
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・使える
  • amazon pay
  • amazon pay
  • 贈りものマナーガイド無料
  • スタッフ募集

価格で選ぶ

用途で選ぶ

CONCENTお買い物ガイド

  • CONCENTについて
  • お届け先が多数の方のご注文
  • ショールームのご予約
  • メルマガ登録
  • ギフトコラム
  • 初めての方へ
  • お気軽にお問い合わせ下さい
高さ調整画像
スタッフブログ facebook
  • sns
[ブログ更新日 2020/4/4]

高さ調整画像
HOME > ギフトコラムTOP
定期的に配信しているCONCENTのニュースレター「ギフト通信」に掲載の人気コーナー「ギフトコラム~ギフトにお役立ちの豆知識~」を抜粋してこちらに掲載いたします。後悔しないギフト選びに、ぜひお役立てください。

ご存知ですか?3月8日は「ミモザの日」

3月8日は「ミモザの日」。数年前から日本でも、ポンポンとした可愛らしい黄色い花を咲かせる“ミモザ”が注目されて人気が高まっています。今回は「ミモザの日」にまつわるお話ををご紹介いたします。

3月8日は「国際女性デー」でもあります

1975年に国連が定めた「国際女性デー」。歴史を紐解いていくと、1904年3月8日にアメリカのニューヨークで女性労働者たちが婦人参政権を求めてデモをしたことが始まりでした。その6年後の1910年には、コペンハーゲンで開催された国際社会主義者会議で「女性の政治的自由と平等のためにたたかう」記念日となり、その後の「国際女性デー」制定のきっかけとなりました。

イタリアでは男性から女性にミモザを贈る日に

イタリアでは、この3月8日が「フェスタ・デラ・ドンナ(=女性の日)」として定着し、男性が女性にミモザの花を贈る習慣が生まれました。贈る相手は「自分にとって大切な人」。それは妻や恋人だけではなく、母親や仕事仲間など信頼できる女性たちにミモザを贈り、日々の労いを讃える日でもあります。日本では女性たちが自らミモザを手に入れて楽しんでいるようですが、いずれは日本でも大切な方から贈られる習慣が広まっていくといいですね。

ご存知ですか? お歳暮の由来や風習(2020年03月08日配信分より)
ギフトコラムTOPへ 

ひな祭りの日に楽しんだ「磯遊び・山遊び」ってご存知ですか?

「ひな祭り」のルーツを紐解いていくと古代中国に遡ります。旧暦3月3日巳の日に川に入り、身を清める「上巳節」という行事があり、その風習が平安時代に日本に伝来。その後、女の子の人形遊びから、女の子の成長を祈って人形を飾り、宴を楽しむ行事の「ひな祭り」となり、現在でも受け継がれています。実はこの「ひな祭り」、他にも別の過ごし方があるのをご存知でしょうか?

3月3日は「磯遊び・山遊び」を満喫する日

かつての「ひな祭り」は、子供や女性たちが重箱にごちそうを詰めて、海や山へ繰り出し一日中飲み食いしながら遊ぶ日だったそう。昔は神様は山にいると考えられ、春になると田んぼの神様になると伝えられていました。その神様を迎えるために、海や山に入って心身を清めたのが「磯遊び・山遊び」の始まりだそう。これは古代中国の行事にも繋がる風習です。ちょうど旧暦の3月3日は大潮の頃で磯遊びにふさわしい時季でした。この楽しみは、春の潮干狩りや山菜摘み、お花見など、現在でも継承されいます。

ご存知ですか? お歳暮の由来や風習(2020年03月01日配信分より)
ギフトコラムTOPへ 

いまさら聞けない「うるう年」がある理由

4年に一度、2月が29日間となる「うるう年」。今年はその年にあたります。「うるう年」はどうして4年に一度めぐってくるのかご存じでしょうか?

2月29日は「うるう日」と呼ばれています

現在、世界中で使われている暦は1年を365日で定めた太陽暦です。これは地球が太陽のまわりを1周するのに365日かかることからきています。しかし実際には365日と1/4日ほどかかっているそう。そうなると4年で1日分のずれが生じて足らなくなってしまうのです。そこで4年に一度「うるう日」を設けて1日分をプラスして調整します。それが2月29日にあたるという訳です。そして「うるう日」がある年を「うるう年」と呼んでいます。

ご存知ですか? お歳暮の由来や風習(2020年02月21日配信分より)
ギフトコラムTOPへ 

ギフトコラム・インデックス

カタログギフト

贈り物・マナー

内祝い

ご出産祝い

結婚引き出物

バレンタイン・ホワイトデー

お中元

お歳暮

ご法要・香典返し・弔辞

日本の記念日・母の日・父の日

記念日・その他お祝い・豆知識

季節・二十四節気・七十二候

 お問い合わせ |  会社概要 |  個人情報の取扱いについて |  特定商取引法に基づく表示 コンセント株式会社
© 2020 CONCENT Corporation all rights reserved. 
高さ調整画像
このサイトに掲載の写真・画像・文章・イラストの無断転載を禁じます。
お客様の個人情報は、プライバシー保護のためSSL暗号化通信で送信しています。